『ソン・ランの響き』

1980年代のサイゴン。

借金の取り立て屋ユンは、ベトナムの伝統歌舞劇「カイルオン」の花形役者リン・フンと運命的な出会いを果たします。

2人は、当初、反発し合っていましたが、リン・フンがユンの家に泊まることになり、そこで、心を通わせてきます。

実は、ユンは、カイルオンに欠かせない民族楽器ソン・ランの奏者を志していたことがあり、今でも、ソン・ランを大事に持っていました。

対照的ではあるものの、それぞれに悲しい過去を持つ2人は、孤独を埋めるように結ばれ、再会を約束して別れます。

公開は、2020年2月22日の予定です。

監督は、レオン・レです。

出演はリエン・ビン・ファット、アイザック、スアン・ヒエップです。

予告編。退廃的な風景のせいか、映像が美しく見え、妙に引き付けられる映画ですね。


この記事へのコメント